外務省は英語でなんと言う?

今日は朝から皮膚科(Dermatologyでいいのか?)に行った。下唇の下にできた「おでき」の治療の経過観察のためである。飲み薬を新たに追加される。
どうか跡になりませんように・・・。

午後はノ○ァにて英会話の授業。外務省と言いたくて必死で説明して英語で何というか教えてもらった。
が、次の瞬間には忘れていた。(自己嫌悪にならない自分に乾杯・・・)
外務省はthe Foreign Ministryらしいが・・・教えてもらった単語はこれじゃなかった。
Diplomatって二単語目で言ってたぞ・・・。外交官か?
どうも自分の説明はダメだったみたいだ。

ノ○ァから帰ってきて、庭でArdenと遊ぶ。ストレスがたまっているのか、やたらガウガウいっていた。散歩に連れ出すも、5分で帰宅。エクササイズのお供には不向きなヤツである。走っているとすぐに足下に「絡まる」し。

その後読書。鴻上尚史の「ロンドン・デイズ」。ロンドンのギルドホール音楽演劇学校に一年間留学した演出家の日記みたいな本である。内容は非常に興味深い。笑える内容ばかりだが、目指すものがある自分にとっては色々と・・・。

のんびりしていたら、プレゼントのカードを英語で書く、という使命を完璧に忘れていた。
[PR]
by odens_den | 2005-04-11 23:40 | 日本人の日常


<< 本合格書は寝て待て 今日はスーツを >>