カテゴリ:飛びます、飛びます☆( 8 )

手紙来た。

待ってるときには来ないのが、便りってもんですな。

寮の手紙、今日やっと来ました。手紙の日付は8月3日なんですが。
JAPANて無茶苦茶見えにくく書くからだよ。
ジャマイカいってたんじゃねー?という疑いは拭いきれません。

さて、そのお手紙ですが、誓約書みたいなのが同封されてました。
サインして26日の午後4時までに送り返せ、だそうです。
本当に3日に発送していたら、だとうな締め切りですが・・・。
今日は18日です。ぎりぎりですね。
また、EMSの出番ですなー。ま、早く届いててもEMSですが。

シンガポール航空のキャンセル待ち、とうとうキャンセルが出なかったので、
ルフトハンザに変えました。
キャセイパシフィックは21時を過ぎてロンドン着なので、それから移動となると、
危ないと判断いたしました。

夕方4時頃に着くので、バスで行ってもそれほど暗くはならない・・・はずです。
・・・北海道より緯度高いので、もう真っ暗だったりして・・・。

にょーーーーーー!!!!(心の叫び)

よろしくお願いします
[PR]
by odens_den | 2005-08-18 22:07 | 飛びます、飛びます☆

保険ですな。 

なんか最近、どつぼにはまってる気がします。

一応最終段階まで放っておいた、保険の準備です。
いろいろ詳しく保険の解説をしているウェブサイトもあって、
嘘かホントか知りませんが、まぁ役に立ちます。

さて、自分に必要な保険てなんだろう・・・?と考えると、まるで保険会社のCMみたいですが、
たぶん医療保障と損害補償かな、と思います。
扶養家族は0だから、死亡保障はそんなに多額はいらないなぁ。
それより、仕事をするようになってからのことを考えると、
医療保険、後遺障害保険の必要性が高そうです。

あぁぁぁぁぁぁ・・・もうちょっと楽にやろう。

英語の勉強最近、全然やってないしなぁ。あかんやん。

メモ:お手紙の件、あと5日くらいはかかるみたいです。


[PR]
by odens_den | 2005-08-17 08:28 | 飛びます、飛びます☆

まとめ:髄膜炎菌ワクチンの予防接種

ここ数日、たくさんの方にお聞きして調べていた、

髄膜炎菌髄膜炎(Meningococcal disease)のワクチン、
the new meningococcal vaccination 、
the Meningitis A+C vaccine

の予防接種についてのまとめです。

今日某大学病院と日赤病院、両院の先生からお電話をいただきました。
昨日からお忙しい中、詳しくしらべてくださっていました。

大学病院の先生のお話:大学病院ではできない。
     日本では横浜の検疫所でやっている(→ワクチン切れ)
     留学生のHPもたくさん調べたが、海外に行ってから予防接種をした人のほうが多い。


日赤病院の先生のお話:日赤病院では輸入・病院間のワクチン取り寄せはできない。
     ワクチンの正式な名前は「髄膜炎菌ワクチン」
     東京八王子の病院で手に入る。(→ワクチン切れ)
     海外勤務健康センター(横浜)でもできる。(→今は行っていない。)
     

お電話をいただいた後、「髄膜炎菌ワクチン」でネット検索したところ300件ほどYahoo!Japanでヒットしました。その中で、1997年にイギリスの3大学の寮内で数人ずつ髄膜炎を発症した学生がおり、死亡者もでたという記事がありました。その年あたりから大学が予防接種を推奨するようになったようです。

勤務中お忙しいなか、こんなに詳しく調べてくださるなんて本当にご親切な先生方でした。
祖母が「いざというとき力になってくれるのは、やっぱり人だよ」と言っていました。

調べていただいたことを合わせて考慮した結果、イギリスに着いてから大学側に相談するなどしてから、現地で予防接種をしようと思います。

ご協力いただいた、
hase_goroさん、大学病院の先生、日赤病院の先生、各機関の方々に深く感謝致します。
お忙しいところ、どうもありがとうございました。

>>>追記
学校のオリエンテーションで、髄膜炎の予防接種は学校のナースセンターで普通に受けられるということが判明。一瞬で終わる。
学校に入ったと同時にNHSに加入できるシステムがある学校なら、予防接種の心配はあんまりいらないと思います。 (2006年5月8日)
[PR]
by odens_den | 2005-08-12 15:09 | 飛びます、飛びます☆

続・続・続・予防接種

予防接種ですが、色々なところにお電話をかけてみました。

厚生労働省:予防接種自体は認可を受けている。(安全性はある)

在英日本大使館:イギリスで受けると¥10,000くらい。イギリス人の子どもは必ずうける。
イギリスの予防接種のスケジュールに入っている。日本人は任意。 
British AirwaysのTravel Clinic(Piccadilly Circus/Cheapside)で受けられる。
イギリスの学校で年に2,3回流行して死亡者がでることがある。

やっぱ東京行った方がいいかなぁ・・・。

あと、はしかの予防接種との兼ね合いを調べなくては。

明日はB型肝炎の予防接種してきます。


[PR]
by odens_den | 2005-08-10 19:35 | 飛びます、飛びます☆

続・続・予防接種


←下弦の月、漫画がうちにあります。基本的に日本の女子高生の話ですが、(漫画では主役は中学生?の女の子だった。)彼女の前世は19年前に亡くなった少女でした。

で、何が予防接種に関係あるかというと、その前世の女の子はイギリスにピアノ留学するのですが17歳で病死するのです。イギリスで。
元気だった10代の女の子がいきなり亡くなるほど重い病気・・・

髄膜炎・・・?


イギリスでは流行性の髄膜炎で亡くなる人が毎年いるみたいです。
怖いです。ヤバイです。

予防接種したい!死にたくない!

かかりつけの病院ではやっぱり、直輸入も無理でした。
これは、東京に行くしかないのか・・・?
でも、ホントにこの予防接種いけるんか?(と病院の先生もちょっと言っていた。

マジでどうしよう(涙)

誰か髄膜炎の予防接種についてご存じの方、やったことある方、情報ください。
お願いします。

d0018651_1414289.gif
[PR]
by odens_den | 2005-08-10 14:02 | 飛びます、飛びます☆

続・予防接種

ヤバイヤバイ、予防接種手強いです。

【これまでに電話したところ】

かかりつけ病院→保健所→県の疾病課→K検疫所(農林水産省管轄)→

☆S検疫所(厚生労働省管轄)→☆横浜の海外勤務健康管理センター→

☆★東京のインターナショナルクリニック

(☆印は情報が得られたところ)

分かったことは、日本で髄膜炎の予防接種を受けられるのは、
東京のインターナショナルクリニックだけみたいです。

注射を普通の病院でするためには、ワクチンを直輸入しなくてはいけないらしいです。
(S検疫所の人の話)

自分は、東京からだいぶ離れているところに住んでいるので困りました。

打開策として、かかりつけ医院の先生にほかの病気の免疫チェックをするときに、
どうにかならないか聞いてみます。

皆さん親切にいろいろ教えてくださるのですが、ちょっとたらい回しされてました(汗)

人気blogランキングへ!何位になってるかな??
[PR]
by odens_den | 2005-08-09 17:04 | 飛びます、飛びます☆

渡英に向けて予防接種だ!

流行性脳脊髄膜炎(髄膜炎菌性髄膜炎)の予防接種ですが、

色々電話して聞いてみたけどまだ、どうしたらいいのか分かりません。

・かかりつけの病院
「保健所に電話して聞いてみてほしい。」

・保健所
「県のホームページに載ってる病院に電話してほしい。」

・県の疾病課
「空港の検疫所、県内の検疫所の出張所に相談してほしい。」

流行性脳脊髄膜炎手強すぎじゃ。

皆さん親切に答えてくださったのですが・・・この予防接種超マイナーとみた。

検疫所は5時過ぎてて、電話が繋がらなかったので明日電話します。

人気blogランキングへ!クリックしておくれやす~♪
[PR]
by odens_den | 2005-08-08 21:16 | 飛びます、飛びます☆

メール来た!

一昨日学校からメールが来ました。
持っていくモノ、学校までの交通手段、予防接種のことなど、色々書いてありました。
空港から学校まではタクシーがおすすめなんだそうです。
重いスーツケースを持ってバスに乗るのは大変だからだそうで。

しかし、やっぱりバスで行こうと思います。
安いし、タクシーに乗るのはなんとなく怖いので・・・。

ついでに、「このメールに既に書いてあることの質問は絶対するな!」
と、何度も書いてありました。
先生はとーっても忙しいんだそうです。・・・怖いですよ。

他にも、

「欠席は深刻な問題です。」

「学校は9時から5時までで、毎晩、毎週末宿題があります。」

「宿題出さなかったら退学!」

「出席率が90%以下だったら退学!」


と、怖いことをいっぱい書いてありました。

一番怖かったのは、「流行性脳脊髄膜炎の予防接種をしてください」、というところ。

これ、日本で予防接種できるんでしょうかね・・・。
ネットで調べたかんじだと、ワクチンが認可されてない・・・?
お医者さんに聞いてみようと思います。

人気blogランキングへ!ランキング上がってきました。
いつもクリックありがとうございます!これからもよろしくお願いします。


>>>追記
この出席率、結構大事でして。90%以下の人、コースからキックアウトされるとかされないとか、年度末に近くなっても怪しげなうわさが飛び交ってます。でも、多分大丈夫!!
韓国人なんかは、やばいくらいさぼってますからねー。さっすがコリアンタイム☆と感心しつつ、日本人はちゃんと出席率キープいたしましょうな。
基本的に、先生(いざというとき推薦書を書いてもらう人)に対するイメージを良くしとく、というせこーい観点からいくと、出席率は大切だぁ。
あと、宿題はあんまりっていうか、ほとんどない。でも、アサイメントというエッセイだったりテストだったりするやからが、うちのコースには6つほどございます。この成績が、すべてを決めるからむっちゃ大切!!でも、毎晩っちゅーのは大嘘です。
(2006年5月8日)
[PR]
by odens_den | 2005-08-08 13:09 | 飛びます、飛びます☆